手抜きエアコン工事の実例|業者が見たひどい施工例|武部設備

名古屋周辺地域密着。エアコンのお困りごと解決

こんなエアコン工事はダメだ。実例紹介

みなさんのお宅に現在取り付けられているエアコンは綺麗に問題なく設置されていますか?

「問題あります」という方は、「なぜ設置業者にそのことを言わなかったのですか?」また、「はい、問題ありません」という方も工事現場に立ち会い、実際に見ていましたか?

エアコンの手抜き工事は、エアコンが大きく傾いている、配管がグニャグニャだ、というような見た目だけのものにとどまりません。取り外してみてわかることの方が多いのです。

実際のダメ工事についてみていきましょう。

配管の断熱不足

室内配管の断熱が不十分

写真で確認できるように、配管(銅管)がむき出しになっています。本来は断熱材でグルグルに巻かれていなくてはいけない箇所です。

これでは断熱効果が皆無で結露水が垂れたり、無駄な電気代がかかったりします。

※実際にお客様は冷房使用時に水が垂れてくるという問題をずっとそのままにしていたようです。

配管パイプのつぶれ

配管パイプが途中で折れている

配管がグニャグニャの状態で取り付けられていたため違和感があり、断熱材を開いてみると、案の定、配管が途中で折れていました。これではエアコンの性能も下がります。

普通は工事をした本人は気づくはずですが、エアコンが「効けばいい」とそのまま帰ったのでしょう。

なかなか一般のお客様にはわかりにくいので注意しましょう。

筋交い切り

木造住宅の筋交いを切られている

木造住宅の耐震構造体である筋交いとエアコン配管用の穴位置は重なることが多く、それを避けて穴あけを行うには知識と経験と慎重さが必要です。

知識や経験が乏しいく筋交いを切って穴あけ工事を行う業者もいます(やってはいけません)。

一度エアコンを設置してしまうと外からはわからないため隠されることがあります。

配管穴開け工事を依頼する際は「柱、筋交いの位置はここなので、切らないようにお願いします」とお願いしましょう。

真空引きをしない

真空引き作業

今では少なくなったようですが、いまだに真空引き作業を省く業者もいるようです(もはやエアコン工事業者ではない可能性大)

真空引きをしなくてもエアコンは動きますが、故障する可能性が非常に大きくなります。

作業終盤に真空ポンプのようなものが見えなければ、「真空引きはやってもらえましたか?」と聞いた方がいいです。

真空引きをしない場合は機械故

手抜き工事、雑な工事も様々あります。それらの多くは「時間に追われているから」「請負単価が安すぎるから材料費をかけられない」などの理由によるものです。集客会社と工事会社が別会社で完全に隔たりがあることも一つの原因です。

当社、武部設備は当ホームページを通して直接お取引させていただき、適正価格で適切な施工に努めています。名古屋市周辺でエアコン工事のご相談がありましたらお気軽にお問い合わせください。

エアコン工事案内

取り付け工事

標準取付工賃 10,000円

「ネットで購入した新品、中古エアコンを取り付けたい」などご相談ください。【エアコン・室外機設置、配管フレア加工、配管断熱、真空引き、試運転】

取り外し工事

標準取外工賃 5,000円

引越し時の取り外しや、不要になったエアコンの取り外し・回収処分もご相談ください。

引越し・移設工事

引越し・移設 13,000円

引越し時のエアコンの取り外し、運搬、取り付け工事一貫してご相談いただけます。通常の【取り外し+取り付け】より1000円お得!

修理・その他

ガス漏れ修理、水漏れ修理など

エアコンのガス漏れ修理や水漏れ修理、そのほか室外機の移動や他社施工の手直し工事などご相談ください。

PAGE TOP